【目次】

第1部 雄間競争と配偶者選択

第1章 シクリッドの受精をめぐる雄間競争(太田和孝)

第2章 グッピーの配偶者選択に応じた雌の産子数と性比調整(佐藤 綾)

第3章 ロウソクギンポの雌のコピー戦術と雄による強制産卵(松本 有記雄)


第2部 配偶システムと性役割

第4章 一夫多妻社会における逆方向性転換-サラサゴンベを中心に(門田 立)

第5章 ヨウジウオ科魚類の多様な配偶システムとその進化生態的要因(曽我部 篤)

第6章 協同繁殖シクリッドの配偶と子育てをめぐる同性・異性間の駆け引き(安房田 智司)


第3部 他分野の取り込みと展望

第7章 シクリッドの捕食被食関係における左右性の役割(竹内勇一)

第8章 適応進化を追求するための生理学(竹垣 毅)

第9章 行動生態ゲノミクス―適応進化の遺伝基盤を探る(小北智之)

第10章 行動生態学の歴史と使命(桑村哲生)

魚類行動生態学入門

     桑村哲生・安房田智司編著

       (東海大学出版会)  


【定 価】2940円(税込) 

【著者割引】2352円(税込) 竹垣まで

【刊行日】2013年12月5日 発売11月20日

  Amazonで買う


不思議に満ちた魚類の行動生態. その進化の謎を解く. 次世代に贈る最先端の入門書.